あだち協働パートナーサイト活動報告福祉,年末年始の活動報告+『この世の楽しみ』第20

,年末年始の活動報告+『この世の楽しみ』第20

公開日:2021年02月04日 最終更新日:2021年03月18日
登録元:「大衆芸術開拓組合
 お久しぶりの更新です。1月上旬に更新しようと思っていたのですが、サイトのメンテナンスという事で、考えていたタイミングではできず、ちょっと時機を逸してしまいました。ゴメンなさい。
 それでは早速報告を。
 当該期間中に参加した講座、勉強会は『あだち子ども食堂フォーラム』(20/12/19)『プロボノ入門講座』(21/01/16)の2件でした。
 12月は講師やイベントの出展はなく、もっぱら1月に向けての準備をしていたのですが、いざ年が明けてみると…。

10日 マイナーヒーローについてのトークライブを北区の『しかのいえ』で行うはずが、緊急事態宣言発出のため「メドが立つまで延期」。
 う~む、昨年10月に開催して大好評だった怪獣プラモイベントの第2弾で、新年一発目として怪気炎を上げるはずだったんですが…。“延期のお知らせ”と“予告”を兼ねた動画がありますので、興味のある方はご覧ください。
 15~21日 葛飾区の『ボランティア・地域貢献活動センター』で毎年秋に行われる“ウェルピアまつり(ボランティアまつり)”が、今年はコロナ禍のため中止に。代わりに“ボランティア活動パネル展”が行われることになり、当会も出展準備をしていたのですが…。緊急事態宣言発出のため中止。
 う~む、パネル展では密になるほど人は来ないと思うがなあ。まあ、仕方ないか。代わりに提出されたパネルの写真が当該施設のTwitterで公開されています。

 また、当会のパネルの実物は『L-ソフィア』に2月15日~20日の間、展示させていただけることになりました。お越しいただければ幸いです。
27日 荒川区の『ひぐらし小 にこにこすく~る』で、“疫病退散 みんなでアマビエを造ろう”みたいな造形講座をやるはずだったのですが…。ナンと多賀もちゆき自身が体調不良で3月に延期! 幸いコロナではなかったようですが、どうしてもそれを考慮しなければならないご時世ですので…。
 う~む、「ナンでも止めればいいというものではない」派の面目丸潰れです。
 12月によかったのは、『ディノアライブの恐竜たち展』を25日に観たこと。
 その恐竜には以前触らせていただく機会があったのですが、もの凄く軽い材料でできているんですよね。今回、会場におられたスタッフのお姉さんに、「素材は何ですか」とお尋ねしたのですが、教えていただけませんでした。ただ、初期に造られたものはそれなりに劣化が見られまして、その様子から、多賀もちゆきにとって全く未知の材料ではないと察せられました。
レイ「そうそう、師匠、多賀もちゆきは昨シーズンも同じ頃風邪をひいたのを覚えてますか?」(昨年の新年特別号参照)
アスカ「ガメラ観る、言うて根性で治してんな。ロイヤルミルクティー…やない、ロイヤルブレッド…ちゃう、ロイヤルスティックやったかいな」
レイ「それは『ダイヤモンド・アイ』です。“怪獣ロイヤルタッチ”ですよ今回は『シン・ウルトラマン』を観るまでは死ねない! と念じたようです。数時間後には治りました」
アスカ「生きてて楽しいやろね」
レイ「『この世の楽しみ』ですから」
今年の予定

3月 荒川区施設『ひぐらし小 にこにこすく~る』にて、“アマビエ造り講座”。

4月 セブンカルチャークラブ『アリオ西新井』と『アリオ亀有』で恐竜レリーフ製作講座。

8月 荒川区施設『南千住 駅前ふれあい館』で夏休みの工作教室。

近く 北区の『しかのいえ』で“『じゃない方』のヒーローについて語る午後”開催。

いつか 渋谷区 動画配信版“ボランティア見本市”参加。

    杉並区 ボランティア団体交流会に参加。

◎12月、1月も『セカンドハーベスト』さんに食材の提供いただきました。ありがとうございます。

イメージ

画像1
画像2
画像3
画像5
画像6
画像7

この情報は、「大衆芸術開拓組合」により登録されました。

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています