あだち協働パートナーサイトイベント・講座文化・芸術歓喜の演Vol.17「狂言」ー古典と創作とー

歓喜の演Vol.17「狂言」ー古典と創作とー

公開日:2018年08月15日 最終更新日:2020年12月16日
登録元:「足立区演劇連盟

70767_1_0.jpg

イベント・講座名
歓喜の演Vol.17「狂言」ー古典と創作とー
主催
歓喜の演実行委員会 足立区演劇連盟 足立区合唱連盟 公益財団法人足立区生涯学習振興公社 ギャラクシティ指定管理者 みらい創造堂 後援/足立区 足立区教育委員会
日時
2018年11月10日(土)14時開演(13時30分開場)
締切日
会場
西新井文化ホール(ギャラクホール)
定員
902人(先着順)
対象者
申込方法
当日来場可 チケット発売日 9月15日(土)
費用
全席自由 1,000円(税込) ※高校生以下入場無料。無料券を窓口にてお求め下さい。
内容詳細
.。oOo。.文化庁「ビヨンド2020」認証イベントです.。oOo。.

狂言指導・作・演出・狂言歌謡曲  山下芳子
音楽協力  伝 恵津子
出演 狂言まいまい倶楽部(区民公募)

第一部 
①チャレンジ!狂言ワークショップ参加者の舞台(5月と8月に開催しました) 
狂言初体験の皆さんが衣裳を着けて登場します。
歩いたり泣いたり笑ったり。セリフも言えるでしょうか。

②狂言 「いろは」 
高校生と小学生の大きな声を聞いてください。

③謡と舞 「盃」「宇治の晒」「雪山」「七つになる子」

④創作狂言 おとぎ草子
「一寸法師」 作・演出  山下芳子 
昔話の「いっすんぼうし」 ご存知でしょうか。桃太郎ほど有名ではないかもしれませんが、1000年以上も昔から日本各地で語り伝えられてきました。子どもを望み、その成長に期待するのは今も昔も同じです。でも、この一寸法師はお椀には乗らずに都を目指すのです。狂言仕立ての「おとぎ草子」は必見の面白さです。

第二部 古典狂言
「呼聲」 
なまけ者の太郎冠者は今日ものんびり。すると?

「附子」 
これは毒じゃ。近寄るでない。そう言い置いてご主人様は出かけましたが・・・

豆まき  今年もみんなで「福は内!」
問い合わせ先
問先 西新井文化ホール 03(5242)8161
〒123-0842 足立区栗原1-3-1

イメージ

イメージ画像
地図・案内図

この情報は、「足立区演劇連盟」により登録されました。

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています